歴史

昔の地図イメージ

東遊園地のあゆみ

幕末の安政5年(1858年)にアメリカをはじめ5ヶ国と結んだ通商条約によって、神奈川・長崎・函館・新潟・兵庫の開港と江戸・大阪の開市等が決められ、翌年には函館・横浜・長崎が開港した。兵庫は、慶応3年(1868年)開港が実施された。

開港に伴い設けられた外国人居留地は慶応4年(1869年)に竣工し、永代借地権の競売が開始された。神戸の居留地の基本的な設計を行ったのは、イギリス人土木技師ジョン・ウィリアム・ハートで、居留地内を126区画に分け、西側にパブリック・ガーデン、海岸沿いにプロムナード、東側にレクレーション・グラウンドが計画されている。

外国人の居住開始とともに欧米のさまざまなスポーツがもたらされた。そのための公園を開設することは幕府と約束されていたが、すぐには着手されなかった。外務省・兵庫県・居留地行事局で協議が続き、明治8年(1875年)「神戸外国人居留地内に公園地取設け議定書」を締結し、正式に公園として開設された。公園は無税地とし、開設維持費用負担及び管理は居留外国人が行うとされ、「内外人公園地」と称された。

明治32年(1899年)、条約改正に伴い、全国の居留地が一斉に返還された。神戸の居留地も市域に編入され、地内の遊園は公園として残され、県知事から神戸市長に引き継がれた。以後、公園は神戸市の管理となり、神戸市条例を制定し、名称も「加納町遊園地」となった。翌年には、日本人と外国人による維持管理のための「遊園地保護委員会」が設置され、昭和16年(1941年)まで続いた。

大正11年(1922年)、神戸市告示第54号により「東遊園地」と改称された。

昭和30年(1955年)、東遊園地の北側部分に神戸市役所を建設することが決定され、昭和32年(1957年)に完成した。本庁舎北側には日本で最初の花時計が設置された。

昭和38年(1963年)には加納町7丁目の南部が公園に編入され、大噴水が設置された。その後昭和48年(1973年)に公園の再整備が行われ、地下駐車場が設置された。

平成7年(1995年)1月17日、阪神・淡路大震災が発生、東遊園地は避難場所として使われた。同年12月、尊い犠牲者の慰霊と鎮魂、神戸の復興と再生を願って「神戸ルミナリエ」が旧居留地と東遊園地一帯で開催された。また、平成11年(1999年)には「阪神淡路大震災1.17のつどい」が開催され、竹灯籠で形作られた1.17の文字に再生ろうそくを浮かべ鎮魂の祈りが捧げられた。以後、毎年1月17日に開催されている。平成12年(2000年)には、「慰霊と復興のモニュメント」・「希望の灯り」が完成し、震災を記憶し、犠牲者を慰霊する場となっている。

日本における公園のはじまり 日本における公園の歴史に関すること神戸・東遊園地に関すること

1866(慶応2年)

初めて公園の概念を持った言葉が現れるのは、「横浜居留地改造及競馬場墓地等約書」。この条約では「遊園」(public garden)を設け、外国人と日本人の共用とすること、租税は取り立てないことが規定されている。

1867(慶応3年)

外国人居留地が定められる「兵庫港並大阪に於て外国人居留地を定むる取極」

1868(明治元年)

外国人居留地の土地の競売が開始。居留地条約「大阪兵庫居留地約定書」では公園に関する規定は何もないが、後の東遊園地が公園として利用されていた記録が残っている。

東遊園地のなりたち

1869(明治2年)

東遊園地の開設にあたって紛糾が生じ始める。

1870(明治3年)
  • 海岸遊園の設置(居留地に出来た3つの公園のひとつ)
  • 神戸外国人居留地の設計を行ったJ.W.ハートの図面では、海岸遊園はPromenade、東遊園地はReserved For Recreation Groundと書かれている。
  • KR&AC設立
  • 横浜/山手公園の設置
1871(明治4年)
  • 生田川の付け替え工事
  • 西公園の設置(居留地に出来た3つの公園のひとつ)J.W.ハートの図面ではPublic Ground
1872(明治5年)
  • 東遊園地の敷地が国から居留外国人に貸与されることで紛糾が収束
  • J.W.ハートの図面で東遊園地の表記がForeign Recreation Groundとされる
1873(明治6年)

公園開設の太政官布告

1875(明治8年)

各国公使と日本側の協議が成立、「神戸外国人居留地内に公園取設け議定書」を締結。
「内外人遊園地」として正式な公園に。
総坪数:約9467坪(3.13ha)、造成・管理運営は居留地会議(各国領事・兵庫県知事・3名の住民代表)が行う。
費用も居留地会議が負担、内外人の「共遊」、居留地会議には地租等の支払い義務なし

1876(明治9年) 横浜/横浜公園の設置

東遊園地の利用の歴史

1883(明治16年)

居留地住民が、隣接する道路が広すぎるとして、公園に編入することを要望。協定の成立により、東遊園地が拡張された。(3.69haに)

1899(明治32年)
  • 外国人居留地の返還(条約改正による)、居留地の3公園も神戸市の管理下になったが、外国人による公園の使用権を維持。
  • 「加納町遊園地・海岸通り遊園地取締規定」を制定し、公園利用の調整を行った。
1900(明治33年)

遊園地保護委員の設置(風致の維持、外国人と日本人の利用の共生を図る)

1922(大正11年)

「東遊園地」に改称

1927(昭和2年)

毎週土曜日は外国人専用、日曜日は日本人専用、その他の日は出願順、などの調整が行われていた

1942(昭和17年)

太平洋戦争中、防空用軍用地として利用

1945(昭和20年)

進駐軍による接収、1952(昭和27年)まで

1957(昭和32年)

神戸市役所完成

1995(平成7年)

阪神淡路大震災以降、ルミナリエや1.17のつどいが開催されている

2011(平成23年)

国の登録記念物(名勝地関係)として登録

出典・引用:「東遊園地と居留外国人」編集発行 神戸市教育委員会

ページの先頭へ